活動レポート&トピックス

日本選手権四国予選突破(2017/11/01)

 10月14日(土)に徳島県三好市池田総合体育館にて、12月に大阪府で開催される日本選手権大会の四国地区の代表を決めるための予選が行われました。

  • 【決勝戦 VS EHC 35(18-5・17-6)11 】

 徳島県代表の徳島クラブと愛媛県代表のEHCが試合を行ったところ、EHCが勝ち上がったため、EHCとの決勝戦となりました。前半開始早々、荒木選手(NO.13 ユイ)がしなやかなロングシュートで先制点をあげます。その後も立て続けに、國方選手(NO.11 カン)が相手を引き付けて和田選手(NO.5 イチ)にパスを出すと、鋭いフェイントで相手を抜き去り得点します。ディフェンスも序盤から上手く機能し、相手のオフェンスを寄せ付けません。勢いに乗った香川銀行チームハンドは前半12分で10-0と愛媛県を突き放し、相手に主導権を渡すことなく、18-5で前半を折り返します。
 メンバーを入れ替えて臨んだ後半も、香川銀行チームハンドの勢いは衰えること無く、ディフェンスから速攻で得点を重ねます。全員で最後まで足を止めることなく走り抜き、35-11で試合終了となりました。

先制点をあげる荒木選手(NO.13 ユイ)
シュートに飛び込む和田選手(NO.5 イチ)
キーパーを翻弄する
國方選手(NO.11 カン)
果敢にシュートを狙う
佐藤選手(NO.9 タル)
ディフェンスの間を突破する
射矢選手(NO.3 トウ)
得意の力強さでシュートを打ちこむ
日柳選手(NO.8 ポポ)

 この予選会の結果、12月20日から開催される日本選手権大会への出場権を獲得しました。次の日本選手権大会が、私たち香川銀行チームハンドの今シーズン最後の試合となります。まだまだ課題は山積みですが、新しいことにも果敢に挑戦し、一つでも多く課題を克服できるようチーム一丸となって練習に取り組んでいきます。日本選手権大会で一試合でも多く勝ち上がり、香川銀行チームハンドの新しい歴史の1ページを刻むことが出来るよう全力で頑張りますので、変わらぬご支援のほどよろしくお願いします。

このページトップへ