女性の活躍推進

女性の活躍推進

 香川銀行では、女性の職業生活における活躍の推進に関する法律(女性活躍推進法)に基づき次のとおり行動計画を作成しましたので公表いたします。

株式会社香川銀行 行動計画

 女性が管理職として活躍できる労働環境の整備を行うため、次のように行動計画を策定する。

1.計画期間

平成28年4月1日~平成33年3月31日

2.当行の課題

課題1: 管理職を目指す女性が少ない。
課題2: 幅広い業務を経験する機会が少ない。

3.目標

女性の管理職(代理以上)を5年間で1.5倍とする。

4.取組み内容と実施期間

取組み1:女性行員と上司の意識改革のための研修を実施。

年1回、継続的に女性の管理職予備軍に対しての意識付け研修を実施。

「イクボス宣言」の実施。

女性のみならず、その上司の意識改革として、支店長を対象に「女性の活躍が拓く会社の未来」講演会の実施。

「女性エンカレッジ研修」の実施。

「イクボス宣言」に基づく各部店の推進目標を設定し実施する。

「支店長研修」の実施。

取組み2:幅広い業務経験の推進。

公募・人事面接を通じて、業務・職種の希望を把握した人事異動の検討。

必要な担当業務の研修実施。

新入行員研修で融資業務研修を男女同時受講。

取組み3:ロールモデルの紹介や女性の交流会の実施。

4ヵ月ごとに「育休者ミーティング」を実施。

「お友だちノート」の作成。

年2回、行内誌で働く女性行員を紹介。

年1回程度、女性の交流会を開催。

取組み事例

「育休者ミーティング」の実施

 育児休業中の職員の不安を和らげ、スムーズな復職を促す「育休者ミーティング」を3ヵ月に一度のペースで実施しています。
 毎回、同じ環境下の女性15名ほどが子どもたちを託児スタッフに預けて集まり、民間の育児支援事業や業務内容の変更点の勉強会、人事スタッフとの個別面談を行うなど、情報を交換・共有できる場としています。

「ママかつ」の開催

 子育てをしながら働く女性職員たちの交流・情報交換の場として「ママかつ」を開催しました。子ども連れで参加できるよう、会場内には玩具スペースを用意し、先輩・同僚ママと実体験に基づいた思いを語り合うことで、互いに刺激を受け、職場を越えたネットワークづくりの機会となりました。
このページトップへ