米国の「外国口座税務コンプライアンス法(FATCA・ファトカ)」に関するお客さまへのお願い

米国の「外国口座税務コンプライアンス法(FATCA・ファトカ)」に関するお客さまへのお願い(2014/07/01)

 FATCA(ファトカ)とは、米国の税法である「外国口座税務コンプライアンス法(Foreign Account Tax Compliance Act)」の略称です。FATCAは、米国納税義務のある方が、米国以外の金融機関の口座を利用して米国の税金を逃れることを防止するために制定されました。
 米国以外の金融機関も対応が必要となるため、当行も平成26年7月1日から日米声明(*)に基づきFATCAへの対応を開始いたします。
 FATCAへの対応上、お客さまが預金口座を初めて開設するなどの際、米国の納税義務者等(米国人等)であるかを確認するため、FATCAに関するご質問、書面等によるご申告、必要書類のご提示またはご提出をお願いする場合がございます。その結果、米国人等に該当する場合、お客さまの同意のもとに米国税務当局に預金口座情報等を報告させていただきます。
 お客さまにはお手数をおかけしますが、ご理解、ご協力いただきますようお願いいたします。
 詳しくは、一般社団法人全国銀行協会『「外国口座税務コンプライアンス法(FATCA)」のご案内』pdfをご参照ください。

(*)正式には、「国際的な税務コンプライアンスの向上及びFATCA実施の円滑化のための米国財務省と日本当局の間の相互協力及び理解に関する声明」といいます。

以上

このページトップへ