キャッシュカード管理に関するお願い

キャッシュカード管理に関するお願い(2017/10/13)

 香川県内で、大手デパートの販売員をかたるキャッシュカードの搾取事件が多発していますのでご注意ください。

事件の概要

・大手デパートの販売員であると名乗り、「お客さまのクレジットカードやキャッシュカードが、不正に使用されている」との電話がかかる。

・「キャッシュカードの再発行の手続きをする必要があり、全国銀行協会の職員が、お伺いをさせていただく」と説明がある。

・後刻、全国銀行協会の職員を名乗る者が訪問し、キャッシュカードを預るとともに、カードの再発行に必要という理由で、暗証番号を書面に記入させたり、又は、言葉巧みに聞き出し、その後、コンビニATM等により不正に現金を引き出している。

※当行行員や、大手デパート販売員、全国銀行協会職員、カード協会職員、警察官等が、キャッシュカードをお預りし、暗証番号をお聞きすることは絶対にありません。

暗証番号について

・生年月日や電話番号等の類推されやすい暗証番号を使用していたため、犯人に暗証番号を容易に割り出されてしまい、不正に預金を引き出されたという被害も発生しています。

・類推されやすい暗証番号をご使用になっているお客さまにつきましては、万一、上記のようなキャッシュカードの不正使用被害に遭われたときに、被害額の全額が補償されない場合があります。

・キャッシュカードの暗証番号は、当行ATMで変更できますので、このような番号をお使いの場合は、速やかに当行本支店又は最寄の当行ATMにより暗証番号の変更をお願いします。

お願い

 万一、キャッシュカードの再発行手続きが必要である等の電話があった場合には、直ちに、下記へ連絡して事実確認をしてください。

・お取引店又は最寄の当行本支店

・紛失・変更受付センター(0120-242-881)

・自動機監視センター(087-834-2320)

※あわせて、最寄の警察署へ連絡し、被害届の提出をお願いいたします。

このページトップへ