法令等遵守方針

法令等遵守方針

 当行及び当行関係会社(以下「当行グループ」という。)は、地域金融機関として高い公共性を有し、広く経済・社会の健全な発展に貢献するべき重要な使命を負っています。この使命を全うするためには、業務の健全かつ適切な運営と、これを通じた揺るぎない信用・信頼の確立が不可欠となります。

 当行グループの役職員は、お客さまからの信用・信頼を維持・向上させていくために、あらゆる法令や諸規則を厳守し、社会規範に反することのない公正な行動を心がけることを宣言します。

 当行グループは、法令等遵守(コンプライアンス)を経営の最重要課題として位置づけ、以下に定める基本方針に基づき、公正かつ誠実に行動する企業風土を確立します。

<信頼の確立>

1. 当行グループは、地域金融機関としての社会的責任や公共的使命の重みを常に認識し、健全な業務運営を通じて、社会からの揺るぎない信頼の確立を図る。

<法令等の厳格な遵守と態勢整備>

2. 当行グループは、あらゆる法令やルールを厳格に遵守し、社会的規範を逸脱することなく積極的に法の趣旨を全うするとともに、公正かつ誠実な企業活動を通じて法令等遵守態勢を確立する。

<社会とのコミュニケーション>

3. 当行グループは、経営等の情報の積極的かつ公正な開示をはじめとして、広く社会と適切なコミュニケーションを図る。

<従業員の人権の尊重>

4. 当行グループは、従業員の人権や個性を尊重するとともに、安全で働きやすい環境を確保する。

<反社会的勢力との関係遮断>

5. 当行グループは、市民社会の秩序や安全に脅威を与える反社会的勢力とは断固として対決し、関係遮断を徹底する。

このページトップへ