金融犯罪にご注意ください

金融犯罪にご注意ください

振り込め詐欺(オレオレ詐欺)

 振り込め詐欺とは、孫や子、兄弟、警察官、弁護士などを装い電話をかけ、「交通事故を起こして示談金が要る」、「借金の取り立てに困っている」等、さまざまな口実で口座に振り込ませ、金銭をだまし取る行為です。

対策:
多額で緊急の振込み要請は、振り込め詐欺を疑ってください。
電話を切った後は、必ず本人やその関係者と連絡をとり事実を確認したり、家族や知人、警察などに相談してください。 『振り込め詐欺被害者救済法』施行に伴うお知らせ

架空請求詐欺

 架空請求詐欺とは、実際には利用していない有料サイトの利用料や債権、年金などの催促・請求を電子メールや葉書で送りつけ、振り込みを要求する行為です。

対策:
利用していない、心当たりのない場合は、絶対請求に応じない。郵送された請求書などは保管しておき、脅しや悪質な取り立てを受けた場合は警察に相談してください。また、請求してきた相手に、氏名や住所等の個人情報を教えないようにしてください。

投資勧誘詐欺

 投資勧誘詐欺とは、突然、見知らぬ業者から投資商品の購入に関する電話勧誘やパンフレットの郵送があり、「権利を高値で買い取る」とか「必ず儲かる」などというセールストークで信用させ、お金を騙し取ろうとする行為です。

 複数の業者が共謀して、別々にタイミングよく「もうけ話」をあおったり、金融庁などの公的機関を装って電話をかけてきたりと手口が巧妙です。

<投資勧誘の例>
未公開株、新株予約権付社債、ファンド(組合など)、水資源の権利、温泉付き有料老人ホーム利用権、鉱山の採掘や鉱物に関する権利、医療機関債
対策:
電話での勧誘などには、すぐに応じず、勧誘してきた業者等の確認※や勧誘内容について慎重に判断するようにしてください(もうけ話を安易に信じない)。少しでも不審に思った場合には、取引を見合わせることも含めて、家族や自治体の消費生活センター等に相談し、慎重に対応するようにしてください。
※ 未公開株や社債の販売ができるのは登録を受けた証券会社と未公開株や社債の発行会社だけです(金融庁・財務局のホームページや電話によって確認が可能)。また、金融庁などの公的機関が未公開株や社債などの取引に関与することはありません。
未公開株・社債等を
かたった詐欺にご用心!

フィッシング詐欺

 フィッシング詐欺とは、金融機関等を装った電子メールを送信し、メール受信者を「口座の更新期限が迫っている」、「口座番号、暗証番号の確認」等、偽の金融機関ホームページにアクセスするように仕向け、「ログインID・口座番号・暗証番号」など重要なお客様の情報を不正に取得しようとする行為です。

対策:
心当たりのないメールは疑ってください。当行では、電子メール等により、口座番号、キャッシュカードの暗証番号、インターネットバンキングのパスワードをお尋ねすることはございません。不審な電子メールを受信された場合は、暗証番号等の重要情報を電子メールで回答されたり、電子メールからリンクされたサイトに入力されないようご注意ください。
判断がつきにくい場合は、そのメール以外の手段で本物のサイトへアクセスしたり、直接窓口までお問い合わせください。
このページトップへ