活動レポート&トピックス

第73回国民体育大会 福井しあわせ元気国体のご報告(2018/10/09)

  • 日時:平成30年9月13日(木)~平成30年9月17日(月)
  • 場所:北陸電力福井体育館フレア
日程 試合 対戦相手 結果
9月14日(金) 2回戦 宮城県 ○36-19
9月15日(土) 準々決勝 鹿児島県 ●19-24
  • 2回戦
    【VS宮城県36(17-14、19-5)19】

 今大会の初戦は宮城県との対戦でした。試合の立ち上がりに石川選手(No.4チヨ)の積極的なディフェンスで宮城県の攻撃のリズムを崩し、その後立て続けに石川選手(No.4チヨ)のサイドシュートと重信選手(No.3イツ)のミドルシュートが決まり、2連続得点で波に乗ります。しかし、ディフェンスが安定せず、宮城県のエースに2連続得点を許してしまい、なかなかチームらしいプレーができません。試合が動き始めたのが前半9分頃、宮城県のパスミスを得意の速攻に持ち込み3連続得点します。ここから一気に点差を広げたいところでしたが、お互い譲らず一進一退の攻防が続き、前半を17-14で折り返します。
 前半はミスが多く、思うようなプレーができなかったので、修正するために話し合い後半に臨みました。後半開始早々、宮城県にシュートチャンスを与えてしまいますが、怪我から復帰した藤原選手(No.12ツウ)のファインセーブにより得点を許しません。そこからチームの持ち味である守って速攻で得点を重ね一気に10点差まで突き放します。後半は、ディフェンスも機能し相手に隙を与える事なく終始自分たちのペースで試合を運び、36-19で勝利しました。

キーパーの逆をついてシュートを
決める國方選手(No.8カン)
二人のディフェンスを振り切り
シュートを狙う和田選手(No.9イチ)
力強いプレーでチームを勢いづける
日柳選手(No.10ポポ)
チーム1のスピードで得点を
量産する石川選手(No.4チヨ)
  • 準々決勝
    【VS鹿児島県19(11-10、8-14)24】

 ベスト4に入るためにも負けられない鹿児島県との試合。重信選手(No.3イツ)のカットインシュートで先制点を挙げます。その後も、果敢にゴールを狙いますがシュートが決まらず、逆に相手に得点を許してしまいリードされる展開となります。前半6分が過ぎた頃に國方選手(No.8カン)のスカイプレーが決まり、直後に山下選手(No.6テン)の速攻で2連続得点し、逆転に成功します。ここから差を広げるために持ち味であるディフェンスから速攻で得点し、7-5と2点差がついたところで、鹿児島県が1分間のタイムアウトを取ります。その後、鹿児島県の力強い1対1や豪快なロングシュートを狙ってきますが、粘り強いディフェンスで辛抱し、前半を11-10で折り返します。
 去年は後半の序盤で逆転を許す展開になったため、今年は特に気を引き締めて挑んだ後半。思うようにプレーができず、オフェンスでのミスが続き何度か速攻で押されますが、森村選手(No.1マコ)のナイスセーブで防ぎます。鹿児島県にもミスが出て、お互い得点が取れませんが、後半4分過ぎに2連続得点され、12-12で同点となってしまいます。その後、果敢にシュートを狙うも、相手のキーパーに防がれ、得点に繋がりません。この悪い流れを断ち切るために7人攻撃をしかけますが、チャンスが作れず、逆に相手に5連続得点されてしまいます。
 苦しい展開のなか、後半15分にようやく國方選手(No.8カン)のシュートで13点目が決まります。ここから反撃のチャンスを伺うも、相手のキーパーに阻止され点差が縮まりません。勢いづいた鹿児島県の攻撃に対し、ディフェンスが崩れ始めます。強い1対1を守り切れず、立て続けに得点され、後半25分には8点差まで離されました。必死に食らいつこうと速攻で押しますが、鹿児島県の勢いを止めることができず、19-24で試合を終えました。

隙があればディフェンスを利用して
シュートを狙う國方選手(No.8カン)
どんなパスでも飛び込むサイドプレーヤー
石川選手(No.4チヨ)
堅守から速攻のチャンスは見逃さない
山下選手(No.6テン)
最後までチームを引っ張るキャプテン
荒木選手(No.5ユイ)

 この大会でベスト4に入ること、そして去年のリベンジを果たすことを目標に練習してきましたが、目標を達成することができず、逆に個々の弱さと課題が多く見つかる大会となりました。
 一方で、遠方にもかかわらず足を運び、応援してくださった方、試合に来られなくても遠くからエールを送り続けてくださった方など、たくさんの方々に支えられていることを改めて感じました。今シーズン最後の大会となる12月の日本選手権に向けて、今回の悔しさを糧に練習を重ね、成長した姿を見せられるよう頑張ります。これからも香川銀行チームハンドの応援をよろしくお願いします。

このページトップへ