活動レポート&トピックス

第13回チャレンジ・ディビジョン アウェー戦のご報告(2021/11/3)

  • 第1試合

 日時:令和3年11月3日(水)
 場所:キリンビバレッジ周南総合スポーツセンター

 香川銀行 21(8-14、13-10)24 山口銀行YMGUTS

 香川銀行のスローオフで試合が始まりました。開始1分に、田渕選手(No.14 ライ)が、ゴールから跳ね返ったボールに飛びつき、先制点を挙げます。その後すぐに、相手に7メートルスローを与えてしまい同点となり、点を取り返したいところで退場者が出て、前半24分には6-12と6点差を付けられてしまいます。クイックスタート等で応戦しますが、思うように得点ができず、前半を8-14で折り返しました。
 ハーフタイムで、「今までやってきたことを出し切ろう!しっかりコートの中で声を出して、全員で戦おう!」そう話し、後半に臨みます。
 後半開始早々、平田選手(No.10 キイ)のガッツあるプレーで1点を返し、相手に退場者が出ると、香川銀行は勢いに乗り、5連続得点を挙げ、後半7分13-14の1点差まで詰め寄ります。同点に追いつきたい場面でしたが、リズムに乗れず、14-19と再び点差を広げられてしまいます。それでも必死に点を取りに行き、後半25分、國方選手(No.11 カン)のポストシュートで、20-20の同点に追いつきます。逆転しようと積極的なDFを試みますが、DFで粘りきれず、21-24で試合終了となりました。

すべきことの確認をし、試合に臨みます。
果敢にシュートを狙う
吉本選手(No.13 シュウ)
確実にポストシュートを決める
國方選手(No.11 カン)
スピードが持ち味の石川選手(No.4 チヨ)

 令和2年2月に山口銀行とのホーム戦で敗戦してから、必死に練習に取り組んできましたが、やってきたことをコートの中で出し切れず、今回も悔しい敗戦となりました。今年度のチャレンジ・ディビジョンは、当行と山口銀行YMGUTSの2チームが参戦し、ホームアンドアウェーを2試合ずつ、計4試合予定されています。第1試合を終え、あと3試合残っているので、今回の反省点を活かし、しっかりと修正して、まずは次戦のホーム戦(11/20(土)とらまるてぶくろ体育館)で勝利できるようにチーム全員で頑張っていきますので、今後とも、応援よろしくお願いします。

このページトップへ