「全銀EDIシステム」の取扱開始について

「全銀EDIシステム」の取扱開始について(2018/12/25)

 全国銀行協会および全国銀行資金決済ネットワークでは、2018年12月25日より新システム「全銀EDIシステム」(通称、ZEDI)の稼動を開始しました。
 「ZEDI」とは、法人や個人事業主のお客さまが行う総合振込・入出金明細照会・振込入金明細照会をXML形式※1で行い、企業間でやりとりするさまざまな情報(金融EDI情報※2)を添付して授受することができるシステムで、売掛金の消込作業効率化等にご活用いただくことができます。
  ※1 XML形式:システム間でやりとりするデータの項目及び長さを柔軟に設定可能とするデータ記述形式。
  ※2 金融EDI情報:支払企業から受取企業に請求書番号や商品番号等を伝達するメッセージ。支払企業が設定します。
 なお、「ZEDI」稼動後も、現在ご利用いただいている全銀ファイル形式(固定長)による総合振込・入出金明細照会等も引き続きご利用いただけます。

 香川銀行法人インターネットバンキングのBタイプ・Cタイプをご利用のお客さまで、総合振込・入出金明細照会・振込入金明細照会のご契約があればご利用いただけます。

 「ZEDI」では、簡易XMLファイル作成機能(以下、「S-ZEDI」という。)を企業様向けに無償で提供いたします。
 「S-ZEDI」とは、WEBブラウザ上の画面入力により、金融EDI情報を添付可能な振込電文(XMLファイル)を、簡易に作成可能とする機能です。
 作成した振込電文(XMLファイル)をインターネットバンキング等でご活用いただくことで、取引先に対して内訳情報等を添付した振込の実施が可能となります。


 「ZEDI」に関する詳細情報については、

 全国銀行資金決済ネットワークホームページ(https://www.zengin-net.jp/zedi/

 をご参照ください。

以上
このページトップへ