「香川銀行法人インターネットバンキング」における一部システム変更について

「香川銀行法人インターネットバンキング」における一部システム変更について(2014/02/19)

 平素は、「香川銀行法人インターネットバンキング」をご利用いただき誠にありがとうございます。
 当行では、平成26年3月10日(月)より、「香川銀行法人インターネットバンキング」の一部システム変更を実施いたします。

1.変更開始日

平成26年3月10日(月)より

2.変更概要

(1)香川銀行法人インターネットバンキングのログオン画面用アドレスを変更します。

お客さまのネットワーク環境やセキュリティシステムで変更前アドレスの設定を行っている場合は、変更後アドレスへの設定をお願いします。

また、「お気に入り」等にログオン画面を登録されている場合、変更をお願いします。

詳細は、こちらをご覧ください。

(2)「Java仮想マシン(VM)」のダウンロードが不要になります。

「ファイル伝送」サービスのご利用にあたり、「Java仮想マシン(VM)」を使用しない仕組みとなるため、ダウンロードが不要となります。

詳細は、こちらをご覧ください。

(3)外部ファイル送受信サービスのデータ保存場所の指定方法が変わります。

外部ファイル送受信をご利用の場合、送受信ファイルの保存場所の指定方法が変わります。

恐れ入りますが、平成26年3月8日までに現在の保存場所のご確認をお願いします。

詳細は、こちらをご覧ください。

(4)ファイル伝送サービスでデータ登録から送信までの操作がスムーズになります。

総合振込、給与・賞与振込、預金口座振替のデータ登録後の操作を簡素化します。

詳細は、こちらをご覧ください。

(5)TLS(Transport Layer Security)プロトコルのバージョン 1.2 に対応しました。

詳細は、こちらをご覧ください。

3.システムの変更内容

(1)香川銀行法人インターネットバンキングのログオン画面用アドレスを変更します。

アドレス
  変更前 変更後
ID・暗証番号
利用者ログオン
https://www3.suitebank2.finemax.net/
KAGAG/CIBMU201.html
https://www3.suitebank3.finemax.net/
KAGAG/CIBMU201.html
ID・暗証番号
契約法人ログオン(管理者)
https://www3.suitebank2.finemax.net/
KAGAG/CIBMU101.html
https://www3.suitebank3.finemax.net/
KAGAG/CIBMU101.html
電子証明書
利用者ログオン
https://www3.suitebank2.finemax.net/
KAGAG/CIBMU209.html
https://www3.suitebank3.finemax.net/
KAGAG/CIBMU209.html
電子証明書
契約法人ログオン(管理者)
https://www3.suitebank2.finemax.net/
KAGAG/CIBMU109.html
https://www3.suitebank3.finemax.net/
KAGAG/CIBMU109.html

利用者・契約法人ログオン(管理者)のアドレスが変更になります。 ※ご注意ください!

利用者・契約法人ログオン(管理者)画面を、ショートカットやお気に入り等に直接登録されている場合(選択すると、すぐにログオン画面が表示される場合)は、新アドレスへの変更が必要になります。

ショートカットやお気に入りのアドレスを変更してください。

※「香川銀行法人インターネットバンキング」トップ画面の「利用者ログオン」または「契約法人ログオン(管理者)」ボタンよりログオンされているお客さまは、変更不要です。今までどおりの操作で処理が可能です。

※「ホームページ移転のご案内画面」が表示される場合、当行ホームページの画面に戻り、最新の情報に更新(キーボードの Ctrl  F5 キーを押下)して、再度ログオンをお願いします。

※「信頼済みサイト」への登録をお願いします。

登録方法は、こちらをご覧ください。

※Internet Explorer(以下IE)の詳細設定を変更してください。

詳細設定変更方法は、こちらをご覧ください。

【ログオン画面】

※画面はID・暗証番号方式契約法人ログオン(管理者)

【香川銀行法人インターネットバンキング】トップ画面

(2)「ファイル伝送」サービスのご利用にあたり、「Java仮想マシン(VM)」のダウンロードが不要になります。

これまでは「ファイル伝送」サービスのご利用にあたり、あらかじめOracle社の「Java仮想マシン(VM)」をダウンロードしていただく必要がありました。

今後は、「Java仮想マシン(VM)」を使用しない仕組みとなるため、ダウンロードが不要となります。

【システム変更前】(例:総合振込)

【システム変更後】

<注意>

今後は、法人インターネットバンキングで「Java」を使用しなくなりますので、他の業務で使用していない場合には安全のために、「Java」のアンインストールをお勧めします。

アンインストールを行う場合は、他のサービスやお客さまの業務・社内のルールに問題ないことをご確認のうえ、お客さまの責任においてご対応願います。

Javaのアンインストール方法は、こちらをご覧ください。

(3)外部ファイル送受信のファイル選択方式を変更します。 ※ご注意ください!

これまでは「ファイル伝送」サービスのご利用にあたり、「外部ファイル送受信」メニューでファイルをアップロードまたはダウンロードしていただく際に、事前にファイルの保存先を指定していただく仕組みにより、利用者さまはファイルの保存場所を意識することなくお取り引きいただいておりました。

今後は、業務名称選択後「アップロード」ボタンをクリック時に、取り込みまたは保存先を都度指定していただく手順に変更となります。

【外部ファイル送信】画面

(「参照」ボタンをクリックした場合)

【外部ファイル受信】画面

※今回のシステム変更時に、現在設定されている「ファイルパス名」は引き継がれませんので、これまでファイルの保存場所を意識せずにお取り引きいただいていた利用者さまは、平成26年3月8日(土)までにファイルの保存場所をご確認のうえ、管理していただきますようお願いします。
また、ファイルの保存場所については、お使いのソフトによって保存場所が異なりますので、ソフトをご導入した業者さまにご確認願います。

【ファイルの保存場所の確認】※送信・受信共に確認方法は同じです。

(4)ファイル伝送サービスでデータ登録から送信までの操作がスムーズになります。

「ファイル伝送」で「データ登録」画面から「データ承認・送信」への画面移動が可能になります。

これまでは「ファイル伝送」サービスのご利用にあたり、データ作成後、「承認・送信」を行う際に一旦メニューへ戻っていただく必要がありました。

今後は、利用者さまが「承認」または「送信」権限をお持ちの場合、「データ登録」メニューの「振込(または振替)データ一覧」画面に追加した「データ承認・送信へ」ボタンより、「データ承認・送信」メニューの「送信データ選択画面」へ直接移動することができるようになります。

また、該当業務の「登録完了」画面にも、同じボタンが追加になります。

【システム変更前】(例:総合振込のデータ登録完了画面)

【システム変更後】

(例:総合振込のデータ登録完了画面)

(5)TLS(Transport Layer Security)プロトコルのバージョン 1.2 に対応しました。

<IEでの詳細設定変更方法>

ご案内で使用しております取引画面例は、色やボタンの形状、各種メニュークリック時のリスト出力の形状等が、実際の画面と異なる場合がございますので、あらかじめご了承ください

以上

お問い合わせ・ご照会はフリーコールでどうぞ
かがわEBセンター
0120-100-459
このページトップへ