定期積金

商品の特徴

預金保険制度による全額保護の対象となります。

商品概要

商品名(愛称) 定期積金
愛称:スーパー積金
ご利用いただける方 個人・法人のお客さま
期間 6ヵ月以上5年以内
預け入れ 預入方法 … 毎月、一定の払込日に一定額(掛金)を払込みます。
預入金額 … 1回の掛金1,000円以上
預入単位 … 1,000円単位
満期日 初回払込日(または通常月の払込日)の契約期間後の応当日
(初回払込日が通常月の払込日より前の場合は、通常払込日の応当日が満期日となります。例.初回払込日が5日、通常払込日が10日の場合は、契約期間後の応当月の10日が満期日となります。)
払戻方法 満期日以後に契約給付金(掛金総額+給付補填金)を払い戻します。
給付補填金
  • 適用利回り
    預入日の店頭表示の利率を適用します。
    (期間別に3年未満と3年以上の2種類)
  • 支払方法
    満期日以後に一括してお支払いします。
  • 計算方法
    契約どおり払込みがあるものとして、次により計算しております。
    給付補填金=掛込残高積数×利回り
税金 お受取利息には、個人のお客さまは源泉分離課税(マル優ご利用の場合は除く)、法人のお客さまは総合課税の税金がかかります。
  • 源泉分離課税の場合…20%(国税15%、地方税5%)
  • 総合課税の場合…15%(国税15%)
※平成25年1月1日から令和19年12月31日まで所得税額に対して2.1%の復興特別所得税が課されます。
  • 源泉分離課税の場合…20.315%(国税15.315%、地方税5%)
  • 総合課税の場合…15.315%(国税15.315%)
手数料
付加できる特約事項 普通預金または当座預金から自動振替により払込みができます。
中途解約時の取扱い 満期日前に解約する場合は、次の中途解約利率(小数点第3位以下は切り捨て)により計算した利息とともに掛込金額をお支払いします。
(1) 初回払込日から解約日までの期間が1年未満の場合 解約日における普通預金の利率
(2) 初回払込日から解約日までの期間が1年以上の場合 約定利回り×60%
(但し、上記(1)の利率を下限とします)
預金保険制度 預金保険の対象であり、同保険の範囲内で保護されます。
その他参考となる事項
  • 払込みが遅延した場合には、満期日を遅延期間に相当する期間繰り延べるか、または約定利回りによる延滞利息をいただくことがあります。また、先掛けの場合には先掛割引料をお支払いします。
  • 満期日以後の利息は、解約日における普通預金利率により計算します。
  • 口座振替により掛金の払込みができなかった場合、その振替日から10日間であれば普通預金へ入金すれば口座振替を行います。
  • 利率については窓口にお問い合わせください。

2019/05/07現在

このページトップへ