個人口座を開設されるお客さまへ

個人口座を開設されるお客さまへ(2018/05/21)

 近年、個人を狙った詐欺被害や不当請求による消費者被害が増加しており、社会的に大きな問題となっています。
 このような行為において銀行口座が悪用されるケースもあることから、当行では、個人のお客さまの口座開設時には、下記の「公的書類等」による確認、及びお客さまのご職業や口座の開設目的などについてお尋ねしております。
 お客さまには、大変お手数をお掛けしますが、ご理解とご協力をお願い申し上げます。

1.口座の開設は最寄りの本支店にてお手続きください。

  • 口座の開設は、お客さまのお住まいの最寄りの本支店にてお手続きください。遠隔の本支店をご希望の場合には、お勤め先のお仕事内容や所在地、口座のご利用目的などをお伺いさせていただきます。場合によっては口座の開設をお断りすることがございます。
  • すでに当行に口座をお持ちの場合は、既存の口座をご利用ください。複数の口座をご希望の場合には、ご利用目的をお伺いさせていただきます。場合によっては口座の開設をお断りすることがございます。

2.ご本人を確認させていただく書類等

  • 運転免許証・旅券(パスポート)・個人番号カード(マイナンバーカード)など写真付で有効期限内の公的証明書
  • 各種保険証など写真がない公的証明書の場合は、住民票・印鑑証明書・公共料金の領収書等の2種類の書類が必要になります。
※上記書類は原本をご提出ください。当行でコピー(写し)を取らせていただきます。
  • 未成年者、新住所への変更ができていない公的証明書などをお持ちの方は、最寄りの店頭でご相談ください。

3.法令に基づき、お仕事内容や口座のご利用目的などについてお尋ねします。

  • お尋ねした結果、追加で書類のご提示をお願いしたり、口座開設をお断りしたりすることがあります。
  • また、当日に口座開設ができないこともありますので、あらかじめご了承ください。
以上
このページトップへ