当行の職員等になりすましてキャッシュカードをだまし取る詐欺にご注意ください!

当行の職員等になりすましてキャッシュカードをだまし取る詐欺にご注意ください!(2020/03/02)

 昨年末から、香川県内において、金融機関の職員や市役所の職員になりすまし、お客さまからキャッシュカードをだまし取る詐欺被害が発生しております。

【被害例】
お客さまの自宅に次のような電話があり、
・(市役所の職員を名乗る者)
 「還付金が振り込めません。のちほど●●銀行から電話があるので待っていてください」
・(●●銀行の職員を名乗る者)
 「令和2年になるとキャッシュカードを交換しないと使えなくなります。訪問して預かるサービスもあります」
 その後、自宅を訪れた金融機関の職員と名乗る者にキャッシュカードを渡し、暗証番号を教えた。

 当行を含めた金融機関や市役所の職員がお客さまのキャッシュカードをお預かりしたり、暗証番号をお伺いすることは絶対にありません。

 また、全国的に、
「改元によりカードの変更登録が必要」
「東京オリンピックで海外から窃盗団がやってくるのでセキュリティ強化の為の手続きが必要」
などと、言葉巧みにお客さまの情報を聞き出す手口が増えています。

 もし、このような電話が掛かってきたら、すぐに話しに乗ることなく、『家族に相談する』、『お取引のある当行の支店に連絡する』等、詐欺被害にあわないようご注意ください。

以上
このページトップへ