香川銀行トップ(個人のお客さま) > 大切なお知らせ > 預金規定等の改訂について
平成24年4月1日
預金規定等の改訂について
 当行では、平成23年12月1日より当座勘定規定を、平成24年4月1日より普通預金規定、貸金庫規定等を改訂しましたのでお知らせします。
1.  改訂した内容
当行の預金規定、貸金庫規定等では暴力団排除条項にて暴力団等に該当する場合には取引をお断りする旨および預金口座等を解約できる旨を定めていますが、その要件を実態に即して明確化しました。
(下線部を追加しました)
「暴力団」、「暴力団員」、「暴力団員でなくなった時から5年を経過しない者」、「暴力団準構成員」、「暴力団関係企業」、「総会屋等」、「社会運動等標ぼうゴロまたは特殊知能暴力集団等」、「その他これらに準ずる者」を「暴力団員等」とします。
上記に加えて、お客さまが下記に該当することが判明した場合も当行は預金口座等を解約できるものとしました。
「暴力団員等」が経営を支配していると認められる関係を有すること
「暴力団員等」が経営に実質的に関与していると認められる関係を有すること
自己、自社もしくは第三者の不正の利益を図る目的または第三者に損害を加える目的をもってするなど、不当に「暴力団員等」を利用していると認められる関係を有すること
「暴力団員等」に対して資金等を提供し、または便宜を供与するなどの関与をしていると認められる関係を有すること
役員または経営に実質的に関与している者が「暴力団員等」と社会的に非難されるべき関係を有すること
暴力団排除条項にもとづき、当行が預金口座等を解約したとき、この解約によって生じる損害について当行は責任を負わないほか、この解約により当行に損害が生じた場合は損害額をお支払いいただく旨を追加しました。
2.  改訂した規定
普通預金規定、当座勘定規定、香川総合口座取引規定、貯蓄預金規定、通知預金規定、各種定期預金規定、定期積金規定、各種財形預金規定、納税準備預金規定、譲渡性預金規定、貸金庫規定、自動貸金庫規定、夜間金庫、外貨預金規定
以上