スキミング犯罪(偽造キャッシュカード)にご注意下さい

スキミング犯罪(偽造キャッシュカード)にご注意下さい

偽造キャッシュカードや盗難カードによる不正な引出し事件が増加しております。
万一に備え、キャッシュカード、暗証番号の管理には十分ご注意下さい。

スキミング犯罪とは?

スキミング犯罪とは、他人のクレジットカードやキャッシュカードの磁気記録情報を不正に取得し、偽造カードを作成・使用する犯罪行為です。カード情報を読み取る装置を、お店のレジなどの端末機に仕掛けたり、携帯スキマーを利用してカード情報を盗みます。

安全対策

  • キャッシュカードの暗証番号は他のものに使わないで下さい。

    キャッシュカードの暗証番号をロッカー・携帯電話などの暗証番号に使用しないでください。キャッシュカードの暗証番号を特定されるおそれがあります。

  • キャッシュカードの厳重な管理をお願いします。

    キャッシュカードは手許から離さずに管理してください。温泉設備などでスキミング被害にあうケースが多発しています。公共の場での扱いは特に厳重にお願いします。

  • 推測されやすい暗証番号は避けて下さい。

    「生年月日」や「電話番号」、「車のナンバー」など、他人から推測されやすい数字を暗証番号に使用されることはお避けください。

  • 暗証番号の定期的な変更をお勧めします。

    営業店窓口または当行ATMで暗証番号の変更手続きができます。

  • ATM利用時は盗み見にご注意ください。

    暗証番号はいつどこで盗み見られているかわかりません。ATMなどで暗証番号を入力する場合は、まわりに注意を払ってください。

  • お取引内容のこまめな確認をお勧めします。

    お取引内容ご確認のため、こまめな通帳記帳や残高照会をお勧めします。

※ 銀行のキャッシュカードには暗証番号の情報は入っておりませんので、偽造キャッシュカードが作られた場合でも、暗証番号がわからなければ預金を引き出されることはありません。
このページトップへ