「スパイウェア」にご注意ください

「スパイウェア」にご注意ください

 スパイウェア(注1)を使用してお客さまのパソコンからインターネットバンキングのパスワードなどを盗み出し、お客さまの口座から不正に振込されるといった事件が発生しております。香川銀行インターネット・モバイルバンキングで不正な利用が行われたという報告はありませんが、悪質なスパイウェアによる被害にあわれないために、以下の点にご注意下さい。

スパイウェアを侵入させないために

  • キュリティソフトのご利用・アップデートにより最新の状態を保つ。
  • 心当たりのないメールやファイルを不用意に開かない。
  • 安易にフリーソフトをダウンロードしたりインストールしない。
  • 不審なウェブサイトへはアクセスしない。

パスワード、IDを不正利用させないために

  • インターネットカフェなど、不特定多数の人間が利用するパソコンでは利用しない。
  • パスワードを定期的に変更する。

偽装CD-ROMにご注意ください

  • 銀行を装い送付されるCD-ROMにご注意ください。
    他の金融機関にて「銀行名で送られてきたCD-ROMをインストールしたところ、預金口座から身に覚えの無い振込がなされた」という事例があります。
    当行では、インターネット・モバイルバンキングのご契約をいただいているお客さま宛にCD-ROMをお送りするようなことは一切行っておりません。
    お客さまのもとに、当行名でCD-ROMが送付された場合は絶対にパソコンに挿入しないでください。

 当行では、インターネットバンキングへのログイン時に、ログイン履歴を表示し、資金移動取引時に、あらかじめご登録いただいているメールアドレスにその旨ご通知しております。身に覚えのないアクセスや取引をお客さまご自身で検知できるしくみとなっております。
万一、不審な取引などをご確認された場合は、香川銀行各支店へご連絡をいただくとともに、最寄りの警察署にもご相談いただくようお願いいたします。

(注1) スパイウェアとは、電子メールの添付ファイルやフリーソフトと一緒にインストールされ、個人の情報を収集し、利用者に気づかれないよう作成者に送信するソフトです。

このページトップへ