自己宛小切手を活用した金融犯罪防止対策(通称:預手プラン)について

自己宛小切手を活用した金融犯罪防止対策(通称:預手プラン)について

 お客さまの被害を防止する取組の一環として、ご高齢のお客さまが多額の現金を出金される場合、「自己宛小切手」のご利用をお勧めすることがあります。

 最近、レターパックや宅配便などを利用して現金を送付させる「現金型」や、犯人が被害者の自宅や駅などに出向いて直接現金を受け取る「手渡し型」の金融犯罪が増加傾向にあります。

 これらの犯罪からお客さまの大切なご預金をお守りするために、当行では、支払い先を特定しやすく現金化にも時間を要する「自己宛小切手」を活用した被害防止対策(通称:預手プラン)を、香川県警察本部からの要請に基づき実施しています。

 ご高齢のお客さまが窓口にて多額の現金出金をご希望される場合、香川県警察本部が作成した「お金を守るアンケート」を活用して資金使途を確認させていただいたうえで、「自己宛小切手」のご利用をお勧めすることがありますので、ご理解とご協力をお願いいたします。

自己宛小切手とは

  • 「自己宛小切手」は、銀行を支払人として振り出す小切手のことをいいます。
  • 小切手に受取人の名前を記載(記名)することで、記名された受取人のみが支払いを受けることができ、不正に小切手を取得した第三者への支払いを防止できます。
  • 小切手に線引をすることで、現金化は金融機関とお取引がある方に限定されるため、支払い相手(犯人)を特定しやすくなり被害防止につながります。
このページトップへ