ICキャッシュカード磁気ストライプの修復

ICキャッシュカード磁気ストライプの修復

ATMでキャッシュカードを使用するお取引において、ICキャッシュカードの磁気ストライプが読み取り不能(※)で使用できない場合に、お客さま自らがATMを操作することにより磁気ストライプを修復することができます。

※経年劣化により磁気が弱くなっている、携帯電話等の磁気の強いものと一緒に保管する等により、キャッシュカードの磁気ストライプが壊れた状態のことです。

ATM操作パネル
  • ご利用いただけるキャッシュカード
    当行発行のICキャッシュカード
    ※以下のカードはお取扱いできません。
    ・ICチップが搭載されていないキャッシュカード
    (磁気ストライプキャッシュカード)
    ・香川銀トモニカード(クレジット一体型カード)

ご利用方法
キャッシュカードを利用するお取引において、磁気ストライプが読み取れない場合に、画面上に「磁気データ修復選択」画面を表示します。お客さまが「修復する」を選択することで、修復の操作画面に進みますので、画面の表示にしたがって、ご利用ください。

 
このページトップへ