セキュリティについて

データの暗号化

インターネットバンキングをより安全にご利用いただくため、SSLによる暗号化通信を採用し、データの盗聴や改ざんを防止します。

ご本人確認方法

電子証明書方式またはID・暗証番号方式のいずれかを選択いただけます。
セキュリティの高い電子証明書方式をご利用ください。
  • 電子証明書方式
    当行が発行する電子証明書(電子的な身分証明書)を、お客さまがご利用のパソコンに取得・インストールしていただくことにより、ログオンできるパソコンを特定する方式です。
    第三者による「なりすまし」対策として効果的な方式です。
  • ID・暗証番号方式
    IDと暗証番号の組み合わせによるご本人確認を行う方式です。

ソフトウェアキーボード

暗証番号等の入力はスパイウェアに有効なソフトウェアキーボードをご利用いただけます。

暗証番号の変更

暗証番号または確認暗証番号を一定期間変更のないままご利用のお客さまに、「セキュリティ上のお知らせ」画面で定期的な変更を案内します。

関連ページ:暗証番号について

フィッシング詐欺対策「EV SSL証明書」

フィッシング詐欺対策として、デジサート・ジャパン合同会社(旧合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ)のEV SSL証明書を導入しています。
InternetExplorer7.0以上をご利用のお客さまが当行の法人インターネットバンキングにアクセスすると、アドレスバーが緑色に変化し、当行の正規ウェブサイトであることを視覚的に確認することができます。
  • 対応ブラウザについて
    Internet Explorer7.0以降
    ※Internet Explorer7.0より前のバージョンのブラウザでは、EV SSL証明書は既存のSSLサーバー証明書と同じように、アドレスバーは緑色にはならず、鍵マークのみが表示されます。

EV SSL証明書の詳細と、ブラウザ設定方法は下記サイトをご覧下さい。
デジサート・ジャパン合同会社(旧合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ) https://www.websecurity.symantec.com/ja/jp/security-topics/what-is-ssl-tls-https?id=ssl-information-center

ご利用履歴の確認

ログオン後の画面で直近3回のご利用履歴を表示しますので、不正がないかをご確認ください。

サービスのご利用停止

不正利用防止の観点から、暗証番号または確認暗証番号等が当行所定の許容回数以上誤って入力された場合、本サービスのお取扱いを中止します。

「管理者」による操作権限の設定

「管理者」の方が「利用者」の操作権限を設定することができますので、アクセス権限を社内で管理することが可能です。

自動ログオフ機能

ログオン後、一定時間を超えて画面操作を行わない場合は、不正使用防止のため、自動的にログオフします。
※ 不正使用防止のため、離席の際には、必ずログオフを行ってください。

取引結果の通知

オンライン資金移動取引(振込・振替およびペイジーによる税金・各種料金払込み)および「データ伝送」によるデータ送信時には、当行所定の基準により「管理者」または操作を行った「利用者」の方宛てに、お取引結果をEメールでご通知します。
このページトップへ